fc2ブログ

タブレットスタンド買いました

先日、ディスプレイ台を買ったという話を書きました。その時、液タブが、ディスプレイ台の下に収納できないことを書きました。これは、何が問題だったかというと、幅ではなく、高さが足りなかったんですね。幅は液タブの方が数センチは小さいので問題ないです。厚さも1cmくらいなので、普通なら問題ないのですが、Cintiq 16 用の純正タブレットスタンドをつけていたから問題だったんです。

純正スタンドの問題点ですが、二つあり、両方が揃うからだめなんです。
1. ネジで本体に取り付けるタイプなので、簡単に本体から外せない。
2. 一番低い状態でもそれなりに高さが出る。

ということで、純正スタンドを取ることにしました。別に純正スタンドでなくても、普通のタブレットスタンドに乗せて使うこともできるので、これに拘る必要はありません。スタンドを外したので、めでたくディスプレイ台の下に収納出来たので、机の上がスッキリしました。

手持ちのスタンドにCintiq 16 を乗せて使うでもいいのですが、なるべく安定性がいいものが良いので、新たに買うことにしました。液晶タブレット用の方が安定してそうだったのですが、他社製ですが、以下のものにしました。

Parblo PR100 タブレットスタンド 角度調整可能 モバイルスタンド 10~16インチ用 液晶 ペンタブレット スタンド

Parbloとは、中華メーカーだと思いますが、液タブを作っているところです、確か。なので、本当は自社製品ようだとは思いますが、別売りもしているので、これを買いました。届きましたので、使ってみましたがなかなかよい。

1.安定性抜群
2.角度は無段階
3.タブレットを下の部分を受け止める出っ張りが最小限。

1は流石、専用品なので、問題ないです。強度もかなりあります。Cintiq 16純正品と遜色ないレベルです。2.はなかなか、対応してないものが多いですが、ここもばっちり。3.は意外に出っ張り大きくて、手が当たって書きにくい場合があるのですが、ほぼ、タブレットの厚さか、それ以下ですね。なので、出っ張りまっせん。それでいて、タブレットがずれることもない。これほど、いいタブレット台はないのではないかと思うほどです。

あと、iMacの下の台って滑り止めついてないので、結構滑ってズレるんですよね。なので、耐震マットをつけて滑らないようにしました。これで、デスク周りの整理は終わりですね。

では。
関連記事
スポンサーサイト



パナソニック ジェットウォッシャーを買いました。

今年の初めに歯が痛くなって、歯科に行ったのですが、それを契機に歯の健康がすごく気になっています。歯が痛いのは虫歯ではなく、知覚過敏ということだったのですが、歯周病や虫歯で歯を失うこともあると言う話を聞き、ちょっと怖くなってきました。この年まで、矯正以外では永久歯を抜いていません、幸にして。矯正では4本抜いているみたいなので、今ある歯の数は24本プラス1です。プラス1というのは親知らずです。

もともと、歯磨きは電動歯ブラシを使ってます。それも、かなり前からです。最初はブラウンのものを使ってましたが、あまりいい印象はなかったです。安物だったからかもしれません。次はフィリップスのものを使いました。これも、一番下のグレードを使っていたのであまりいい印象はないですが、ブラウンよりマシでした。

今使っているのは、パナソニックのドルツです。Amazonのセールで手に入れたもので、グレードとしては真ん中くらいかな。これが一番、しっくりきていますので、使い続けています。何がしっくりくるかというと、歯医者で教えてもらった歯磨きの仕方は基本、横方向に小刻みに歯ブラシを動かすと言うものです。これに一番近いのがドルツというわけです。

長らく、これと糸ようじを使っていました。本当はフロスの方がいいのでしょうが。歯医者でもフロスを使うように指示されました。されましたが、あれは使いにくい。ので、糸ようじを使っています。歯間ブラシは歯の隙間が狭いので入らないので使いません。昔使ったのですが、全く使い物になりませんでした。

それだけでは、最近安心出来なくなり、以前から興味があった、ジェットウォッシャを検討していました。いくつかグレードがあったのですが、コードレスのタイプにするか、据え置きのものにするかで迷っていました。据え置きだと連続で3分使えるそうです。コードレスタイプは1分。この違いはタンクの大きさに由来します。充電を頻繁にしないといけないものではありません。

据え置き型は洗面台にスペースが必要なので、置くとしたら台を買わないといけないので、そこがネックで、コードレスタイプにしました。

パナソニック 口腔洗浄器 ジェットウォッシャー ドルツ コードレス 白 EW-DJ54-W

結論から言うと、コードレスにしておいてよかったです。何故かというと、連続1分なんて使いません。まず、使い方が難しい。慣れるのに1週間くらいかかりました。説明書には、口を閉じて使うようなことが書いてありましたが、口を閉じていれば、水が口に溜まっていきます。しかも、あっという間に口がパンパンになります。なので、口を閉じて使うのは現実的ではありません。水を外に放出しながら、水を当てていくことになります。口を開けて使うと言っても、完全に開けてしまうと、水が飛び散るのでほとんど、閉じた状態で使わないといけないです。

ということは、宣伝でみるような、水が当たっているところを確認しながら使うのは不可能です。もう、水が当たっている感覚を頼りに動かしていく必要があります。しかも、歯の並びはカーブもしてますし、右から左まで一気に行こうとすると、ノズルの向きが180変わる必要があります。なので、それは現実的ではありません。途中で止めて持ち替える必要があるわけです。連続1分なんて使いませんと言うのはそう言うことです。

あと、水の当たる感覚ですが、結構強いです。これは想像以上でしたね。最大出力は痛いので真ん中くらいにしています。それでも、結構刺激があります。歯磨きの後に、これをやると、かなりスッキリします。歯ブラシだけだと、取りきれない汚れがあるのですが、これをやると、かなりそれは無くなりますね。

もっと早くに買っておけばよかったと言う製品ですね。ただ、これが効果のあるものかどうかは専門家ではないのでわかりません。気休め程度かもしれませんのでご注意ください。そう言う意見も見ました。

では。
関連記事

サイドテーブル買いました。

自分の電子ピアノYAMAHA CP5は、上の部分、天板というのかな?、が平らにはなっているのですが、狭いのです。なので、ピアノの上にパソコンを置いて使えないのです。これが昔から悩みの種でした。ピアノ弾くのにパソコンいらねーだろうがと思うかもしれませんが、ピアノとパソコンをMIDIで繋ぐといろいろ使い道が増えるのですよね。

例えば、DAWにリアルタイムレコーディングすることができます。音符は、マウスでチマチマ、ひとつづつ打ち込んでもいいのですが、なかなか時間がかかるのです。その時、鍵盤が弾けると、非常にスピーディに入力することができます。それが、リアルタイムレコーディングというのですが、きちんと弾ける必要はないです。メロだけとか、ベースだけとか、分けて入力できますし、テンポを落として入力することもできます。それでも、マウスで入れるよりはよっぽど早いです。タイミングが多少ずれても、クォンタイズで揃えることができます。

そのほかの用途としては、パソコンの記憶容量の大きさを利用して、大容量のピアノ音源などのリッチな音源を使って演奏することができます。CP5は音には満足しているので必要性は感じていないのですが、いい音源があれば使いたいのも事実です。パソコン版ではないですが、ピアノ音源とし有名な、「Ivory Mobile American D」とか、「Ivory Mobile Grand SYNTHOGY」をiPad版のKorg Mudule の追加音源として使ったことがあります。モバイル版だと波形の容量が1〜2GBぐらいでしたが、パソコン版は50GBくらいあると聞いています。

そもそも、Moduleに初めからついてくるピアノも確か、ノンループのサンプリングで結構高品位なものであったはず。CP5はSCM音源といって、モデリング系の一種なので単純比較はできないのですが、10年前のピアノ音源よりはいいものである可能性はある。ちょっと気になるのは、最新のYAMAHAのステージピアノCP88はSCM音源やめて、AWM2音源に戻してしまったんですよね。SCM音源は評判悪かったのかな?自分的にはいいと思っていたのだが。

なんにしても、パソコンをピアノに繋ぐとメリットがあるんですよね。ピアノでなくても、鍵盤ならなんでもいいのですが、自分がピアノタッチの鍵盤に慣れているので、出来ればCP5に繋ぎたいです。そこで、問題になるのがパソコンの置き場所です。一番いいのはピアノの上におきたいのですが、スペースが狭くて無理なんですよね。おけなくもないが、不安定なので安心してピアノを弾けない。

そこで、ピアノの側に台を置こうと考えていたのですが、あまりいいものが見つからないのですよね。もう、何年か迷っていたくらいです。音楽機材用のそういう台もあるにはあるのだが、いまいちピンと来なかったんですよね。そんな時、以下の製品を見つけて、これなら良さそうだと思ってポチりました。

viozonスモールフロアスタンディングデスク サイドテーブル ベッドサイド ソファ 寝室テーブル 高さ調整可能 簡単組立 小型家具(黒と茶色) up 9 t m

お気に入りに入れてしばらく考えていたのですが、セールになったと連絡が来たので、ポチることにしました。届いたものは、思ったより質感も良く、しっかりしたものでした。なかなか、コスパの良い製品でしたね。こういう製品にしては、値段が安いので心配していたのですが、このブランドは気に入りました。

で早速パソコンを置いていたのですが、今は別のものを置いています。ミキサーを置かねばならないので、そちらを優先する形になってしまいました。なので、もうひとつ欲しくなってきたのですが、今は考え中です。この値段で、この質感のものはあまりなさそうなので、どうするか迷い中です。

この製品が、かなり気に入ったのと、カタログ的なものが製品についてきたので、見ていると、欲しいものがいくつかあり、すぐポチってしまいました。それが、これです。

viozonブックスタンド ホルダー、筆記台 書見台 本立て、高さ・角度調整可能、アルミニウム合金、折りたたみ式&持ち出し向け、オフィス、キッチン、学校向け 子供大人に最適 教科書、レシピ、雑誌、タブレット

Viozonモニター台 机上台 木製ラックデスク上置棚 幅50×奥行24×高さ10cm iMac コンピューター ラップトップ スタンド ライザー プリンタ台 FAX台 キーボード 収納 エルゴノミック 猫背解消 耐荷重10Kg(ID-20L)

ブックスタンドは以前から良いのないかなと探していたはずなのに、なぜ、こんなに良いものが見つからなかったのだろうと思います。紹介動画があったのですが、それを見て即決しました。そして、期待通りに良い製品でした。これはおすすめですね。

もうひとつ、ディスプレイ台ですが、これも、最近ずっと探していたのですが、値段が高いか、安くてチープなものかのどちらかなんですよね。あと、大きさが微妙に自分の用途に合わなくて断念することが多かったです。質感は、安い割にしっかりしています。もう少し調べてからポチれば良かったのですが、高さがそれなりにあると思っていたのですが、液タブをしまえるほどではなかったですね。ただ、置き場所に困っていた、オーディオインターフェースをいい位置に置けるようになったので良かったです。

viozonの製品はどれも良いなあと思いました。これからもお世話になりたいですね。
関連記事

ホームタップやめました

昨年の3月からホームタップを使っていました。月額8000円ほどです。そのころは、一応、値段が高いなあととは思っていましたが、まだ、節約生活には入っていませんでした。月4リットルで8000円ほどなので、1リットル2000円ですね。缶ビールだと、350mlで200円ほどなので、1リットルだと1000円程になります。大体倍の値段します。しかも、そんなにビール飲むかと言う話もあります。

以上のことを勘案して辞めました。1年間は辞めると違約金みたいなのが16000円くらいかかるので、3月で辞めました。ビール自体は美味しいのですが、コスパが悪いのと、毎月4リットル必ず飲まないといけないのはちょっと辛いのです。あと、やっぱりビールよりはウイスキーを飲みたいというのがありました。実はホームタップを契約してから、ウイスキーを飲めなくなったんですね。お酒をいくらでも飲めるわけではないので、1ヶ月4リットルのノルマがあると他のお酒が飲めなくなります。

ウイスキーだけでも、あと10年くらいはいけそうなほどストックがあります。それをまず消費しないといけないので、ビールを飲んでいる場合ではなかったのです。あと、美味しいとは言っても、お店と同じくらい美味しいかというと、そこまでではないのですよね。なので、コスパは悪いですね。たまにしかビール飲まないなら、缶ビールかお店に行けば良いかなと思っています。

ビール三杯で2000円か…。高かったなあ。自分の可処分所得からすると、月8000円はかなり高いのですよね。なので、節約効果はかなり高いです。食費に占める割合で考えると高すぎますね。食費の高さが問題だったわけですので、これで、食費がかなり抑えられるはずです。今月か来月でiPad Proの支払いが終わるので、それを合わせると、結構な節約になりますね。

食費は月額2万円を目指しているのですが、まだ道半ばですね。完全に自炊にしないと難しいかなと思っています。ミールキットはやっぱり高くつきますからね。いずれやめて、完全自炊にする予定ではあります。そのためにはスキルを上げないといけませんね。コロナになってから、料理を作るのが日常になったので、そこは良いのですが、まだまだですね。

ホットクックを買って、完全自炊にしようとずっと考えてきたのですが、どうも、万能な機械でもないらしいと言うことがわかってきて、迷っています。調理はそれほど手間ではないので、ホットクックを買ってもあまりメリットが発生しないかもと思っています。一番苦手で面倒なのは切り物なので、そこが軽減されないとどうしようもないです。特に、皮むきが嫌いなんですよね。別に包丁でむいているわけではないですよ。ピーラーを使ってます。それでも、面倒です。

買おうと思ってからもう1年以上も迷っているんですよね。どうしたもんか。

関連記事

iPad に使うポインティングデバイスは普通にマウスでよかった

以前の記事で、ポインティングデバイスにマジックトラックパッドが欲しいと言うことを書きました。その考えは今でも変わってはいませんが、意外に普通のマウスも使えるぞと言うことに気づきました。きっかけは、以下のマウスを買ったからです。

ロジクール ワイヤレスマウス 無線 マウス Pebble M350GR 薄型 静音 グラファイト ワイヤレス windows mac Chrome Android Surface iPad OS M350 国内正規品

何故買ったのかというと、仕事で使うために買いました。しかし、意外に使い勝手がよくなかったため、iPad用に転用した次第です。で、使ってみたのですが、マジックマウスよりよっぽど使いやすい。マジックマウスは何故か慣れないんですよね。普通に、2ボタンマウスの方が使いやすいです。Mac は昔から、1ボタンマウスにこだわっていましたが、結果として、右ボタン的な機能がありますし、にも関わらず、右ボタンがあるような、ないような状態なので使いにくいです、結局のところ。

iPad でも右ボタンは機能しますので、非常に便利というか、これが普通なんですけど、使い勝手は良いです。ブログをiPadで書く場合、小さいボタンを手で押す必要があり、難儀していたわけですが、マウスなら、普通に押せます。FC2ブログのインターフェースがパソコン向けに作られているのが問題ではあるのですが、マウスとキーボードを使えば、パソコンと何ら変わらない使い勝手で使えます。

Magic Trackpadが使いたい理由は、ジェスチャーが使えるからですね。これだけは、敵いません。昔はそんな機能無くても問題なかったのですが、Macで一度、ジェスチャー機能の便利さを体験すると抜け出せなくなりました。IPad でも同じ機能があるとは限らないですが、近い機能はあると思います。アプリの切り替えとかをキーボードショートカットでやらないといけないのがちょっと面倒なんですよね。

まとまった量の文章を打つ場合は、キーボードとマウスは必須なんです。iPad を使っていて一番イラつくのは、カーソルを文章の思った位置に移動することです。指でやるのは結構ストレスが溜まります。昔よりマシにはなっていますが、それでも、マウスでやった方が早いです。iPadのソフトキーボードはカーソルキーもないので、移動や選択もやりづらく、非常にストレスが溜まります。これが、マウスとキーボードがあるだけで解決するので、必須アイテムですね。

iPadを買い替えたら、マジックキーボードを買いたいですね。値段が高すぎるのが玉に瑕ですが、それだけの価値はあると思います。本体とキーボードの値段でMac が買えてしまうほどの値段しますからね。どちらを買うかは悩ましいところです。iPad にしろ、Macにしろ、M2チップが出てくるまでは待つつもりですが。そんなに急いで買わないといけないほど困ってはいないからですね。

Satechi のキーボードをずっと使っていますが、かなり良い買い物したと思います。これは、質感といい、使いやすさといい、純正のMagic Keyboardに匹敵するくらいですね。Ewin のキーボードは使わなくなてしまいました。悪くはないのですが、値段相応でちょっとチープなんですよね。初めからこちらを買えばよかったと思います。

しばらくは、このマウスとキーボードで使おうと思います。
関連記事

| NEXT≫

RSSリンクの表示
プロフィール

ぱーにゃ

Author:ぱーにゃ
かのんちゃんが大好きな管理人です。好きすぎて、イラスト始めてしまいました。まだまだ、技術的に拙いところが多いのでおおらかな気持ちで見てやってください。

もともとはゲームブログでしたが、今後はイラストメインでやっていきますのでよろしくお願いします。ゲームもたまにはやるよん。

カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
2360位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
イラストブログ
95位
アクセスランキングを見る>>
ご訪問者数
現在ご訪問の方
現在の閲覧者数:
カレンダー
04 | 2022/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ村ランキング
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク