スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
             web拍手 by FC2       にほんブログ村 イラストブログへ
にほんブログ村

もう旬は過ぎたと思うが突っ込んどく

ワコム初のOSを搭載した小型液晶ペンタブレット「Cintiq Companion」発表

予想通り出てきたこの製品。スペックは期待通りだったが、値段は全くの予想外。この値段はありえんでしょう。誰が買うかちゅーの。実用的なのは、Windowsが動く方だけど、この値段なら、20インチクラスの液タブが買えます。そして、私なら、絶対に20インチ以上の液タブをお薦めします。

13インチの液タブをメインで使うのは非常に厳しい、描き易さという点で。13インチと20インチは天と地ほどの差があります。使い方としても、ネーム作成を想定しているような記事も多数。ネーム作成なら、この機動性は有利だと思います。思いますが、その為に20万円超のお金を払える人は確実にプロでしょう。

ワコムさんには、スペックはもう少し控えめでいいから、普通の人が買える値段のものを出して欲しかった。そうすれば、パラダイムシフトを起こせたのではないかと思う。でも、この値段だと、素人はまず買えないと思う。以前の製品よりもさらに手の出しにくい製品になってしまった。

液タブの描き易さは素人にこそ必要なものだと私は思っています。だからこそ、素人が手の出せる値段で、素人が扱える手軽さを持った製品が必要だと思うんです。そういう製品が出てくれば、今デジ絵と呼ばれている範疇ではない人にも需要が広がると思います。作品の多様性も爆発的に拡大しそうですし、一般への認知も広がると思います。それこそ、絵を描くなら液タブが普通という世界が開けてくる。

そういう世界を期待しているのに、まさに逆を行く、プロ専用機。これがワコムのブランディングなのかもしれない。液タブはフラグシップとして君臨していなくては、商品戦略上問題があるのかもしれないが、私たちの期待とは全然違う。この路線はワコムには期待しないほうが良いのはわかった。別のメーカーに頑張ってもらうしかないのだが、競合他社が皆無なのが問題です。

今回の発表では、これよりもむしろ、こちらが気になった。

iPad用の2048レベル筆圧対応スタイラス「Intuos Creative Stylus」-ワコム

これも、使ってみないと解らないが面白そうな製品ではある。でも、これも慎重に検討しないと危ない製品だと思う。というのも、筆圧はクリアしても、精度の問題はクリアできないだろうから。その辺がどうなのかは気になる。世の中に出回ってから検討したいですね。

ネームとかなら、iPadとこのペンの方がコスト的に釣り合うのではないかと思う。20万円超の液タブを使ってする作業でもないと思う。
関連記事
スポンサーサイト
             web拍手 by FC2       にほんブログ村 イラストブログへ
にほんブログ村

テーマ : イラスト
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

RSSリンクの表示
プロフィール

random walk

Author:random walk
かのんちゃんが大好きな管理人です。好きすぎて、イラスト始めてしまいました。まだまだ、技術的に拙いところが多いのでおおらかな気持ちで見てやってください。

もともとはゲームブログでしたが、今後はイラストメインでやっていきますのでよろしくお願いします。ゲームもたまにはやるよん。

カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
8296位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
イラストブログ
476位
アクセスランキングを見る>>
拍手ランキング
ご訪問者数
現在ご訪問の方
現在の閲覧者数:
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ついったー
ブログ村ランキング
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
pixiv
TINAMI
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。